So-net無料ブログ作成
検索選択
私的な話 ブログトップ

きょう [私的な話]

今日は私の一人目の子の命日です。
たった妊娠5週でお空に帰ってしまいましたが、私にとってはとっても大切な子です。
無事出産出来た今でも決して忘れる事はありませんし、これからも無いと思います。

初めて妊娠が分かった時の本当に本当に幸せな気持ち、
そしてその子を亡くしてしまう悲しい気持ち。この子が初めて教えてくれました。
今、この子に思う事は「有難う」しかありません。
短い間でも私の所に来てくれて有難う。いつも見守ってくれて有難う。
きっと、ちぃは、お空に帰した2人の子の「何か」を
引き継いで生まれてきているんだろうなぁと思います。
そして私はちぃには、亡くしてしまった2人の分も自由に幸せに生きてほしいと思うのです。

育児をしていて上手く行かないとき「もっとこうだったら良いのに」と思ってしまう事もあります。
つい数ヶ月前までは「無事生まれてきてさえくれれば何でもいい」と思っていたのに、
何て欲張りになってしまっているのでしょうか。
お母さん落ち着いて」っていう声が聞こえてきそうですね。
2人を想う事で色々な事に気付かされます。

今日は義祖父母が眠るお墓のあるお寺にお参りしてきました。
特別な供養は出来なかったけれど、心のなかでお話してから
義祖父母に天国で仲良くしてもらえるようにお願いしました。

いつか私がこの子たちの所へ行くとき、胸を張っていれるように頑張って生きていきたいなと思いました。


nice!(0)  トラックバック(0) 

あなたへ [私的な話]

私達夫婦の一人目の赤ちゃん、あなたがこの世を去って一年が経ちました。
長かったような、短かったような。

私はあなたを、この世に生み出してあげることは出来なかったけれど、
あなたは空の上から、私にも見えないいろんなことを見てきたんだろうね。

この世界はどうでしたか?
私はあなたのおかあさんとして、少しは成長したかな?

何となくだけど、今私の周りにある柔らかい空気はあなたの気配なのかな?


一年前、私たちのところに来てくれて本当に本当にありがとう。
わたしやっぱりあなたを産みたいよ。


多くの不育症の方々と一緒に頑張ります。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村
私的な話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。