So-net無料ブログ作成

無事に産まれました [出産]

前回の記事をアップした翌日、予想通りお産になりました。
長女、次女の時と同じパターンでした。産まれた時間も1時間も差が無い位です。これはもう体質?!
出産の記録はまた後日追って書きますが。
とりあえず今日、退院しました。

1度目の妊娠からここまでの不育症との戦いが終わりました。
また同時に私の人生において妊娠、出産もこれで最後です。
2人の赤ちゃんを無事に産んであげられなかったのは今でも悲しいです。
それでもこうやって3人目の赤ちゃんを抱いていられる私は幸せなんだと思います。
この先は産まれた3人の子供たちをしっかり育てていくことが、
亡くした2人の赤ちゃんへの供養だと思って頑張っていきたいと思います。

出産の記録〈次女の場合〉_総括 [出産]

続き。

という事で、結局陣痛が間延びした事もありその後しっかり陣痛が付いてからは
約3時間半のスピード出産という事になりました。
まぁ入院してからは9時間位は掛かりましたが…
また、10分間隔が長く間隔が短くなってからが1時間半無い位だったので
結果として痛みに苦しんだ時間はとても短かったです。安産と言って良いでしょう。
分娩台の上でさえ、冗談言って笑ったり出来たりと少し余裕もありました。
経産婦ゆえの事かもしれませんが。

ちぃの時は、陣痛はどんどん進んで3分間隔の痛みがかなり強い時間が長くて、
その反面子宮口は全然開かないから、かなり時間が掛かったのですが
今回は子宮口の開く準備は万端だったのに有効な陣痛が中々付かないという真逆の状況に
かなり戸惑ったしヤキモキしました。
結果的には今回は体力的にはかなり楽だったので良かったのかもしれませんが。
(産後直後、歩いてトイレに行けたりしたんですよね!ちぃの時は足がガクガクで絶対ムリでした)

ちなみに助産師さんからは、促進剤は1錠位ではそんなに効果ないから、
飲まなくても陣痛進んだかもねと言われました。こればかりは分かりませんけどね。

実は今回、助産師さんとは表記していますが、助産学校の生徒さんが研修で来ていて
その方に陣痛中のケアや出産での取り上げも担当して頂きました。
結果、普通よりも手厚く見て頂けて有り難かったです。
夫も途中までは眠気でかなりしんどそうだったし(^^;
それに入院してから陣痛がしんどくない時間も長かったので色々お話も出来て気が紛れました。

丁度、夫が遊びに来てた時に産まれてくれたことホントに感謝です。
また、出産時期が遅れたのは体重がある程度3000gに近くなるまで待っていたような気もします。
里帰りしてからは大きめな推定体重を言われていましたが、東京に居るときは確かにずっと少し小さめだったんだよなぁ。
上と同じ位のタイミングで産まれるだろうと思ってましたが、
どうやら家は3000g近くなってから産まれるようなタイプなのかも(そんなタイミングあるのかは謎!)

そうそう、それと今回のお産の進む時間経過(?)がちぃとほとんど同じだったんです。
産まれる前日の朝、前駆陣痛で起きるのもその後一旦消失するのも、
また夜中に陣痛が付いて入院するのも。産まれた時間なんかは15分も差がありません!
偶然だと思いますが、入院してからの内容は違うにしても時間に関しては酷似していて
本当に面白いなぁ~としみじみ思いました。


ちょっと駆け足で記事を書いたので、誤字脱字ありそうですし
書きたいことが上手く書けてない所が多そうなのでこの先修正を加えるかもしれませんが、
次女・かおるの出産は概ねこんな感じでした。中々楽しいお産でした♪
何より無事に生まれてくれた事に感謝しています。
この命を夫と大切に育てていきたい、そう思っています。




出産の記録〈次女の場合〉_3 [出産]

続き。

分娩室へ移動後、内診&赤ちゃんの向きチェック。

12:45頃 移動のわずかな間に一気に赤ちゃんが降りてきたのか、かなり強いいきみ感が出始める。
というか、前回同様体が勝手にいきんでしまうという状態。
ちぃの時は、この状態から1時間以上かかったので「今からが一番辛い時だ」と覚悟を決める。
ちなみに痛みの間隔は多分3分位だった筈。
しかししかし、助産師さんから「このまま自然ないきみに合わせていきんでいきましょう」とのお言葉。
そして、バタバタと分娩体制が整えられる私と分娩台。
正直、展開の早さに混乱!子宮口が全開してるかも聞かされてなかったし(-_-;
そのときの私の頭の中「えっ、それって少しずついきみながらいきみを逃がすって事?!」
とか支離滅裂な事を考えてました。冷静になれば、いきむ事にOKが出たって分かるんですが
分娩室に入ってもっと掛かると思い込んでいたので、おかしな事考えてしまってました。
それから医師が来るまで、4~5回の陣痛をやり過ごし…いや、やり過ごせなかった(苦笑)
とりあえず乗り越え、その間に破水した模様。

13:00頃 医師が到着。また「では自然の~」と言われ、またちょっと混乱(笑)
思わず「もう本気でいきんで良いって事ですか?」と聞くと
「本気でいきまなくてもいきみ感が来るから」と笑われた(^^; そりゃそうか!
最初はそんな本気でいきんで良いか分からず恐々へたっぴないきみになってしまいましたが、
2度目には吹っ切れてしっかりいきみました。すると「はい、手離してね~」との助産師さんの声。
何で~!?とまた混乱。するともう頭が出たようで、
少ししてから付けていたモニターの心拍音がゴゴーと音を立ててから消え、
赤ちゃんの体が出る感覚があり、「オギャー!」と聞こえ次女が産まれたのが分かりました。

自分でもホントにビックリするくらいの展開の早さに「えっ!もう産まれてるの?!」っていう気分でした(^_^;)
私が経産婦のせいか、あまり逐一状況を教えて貰えなかったので
出産がもうすぐそこまで来ているのか、まだ時間が掛かるのかサッパリだったのです。
加えて自分でも予想外のスピーディーさ!助産師さんも伝えるべきタイミングを逃してたのかもなぁ。
夫は状況を察知して、産まれる瞬間をビデオに押さえていたので
私よりも夫の方が流れを読めていたのかもしれません(笑)


出産の記録〈次女の場合〉_総括へ続く


出産の記録〈次女の場合〉_2 [出産]

続き。

10:00頃 医師による診察。子宮口は4cmだが広げれば6cm程広がるし、
柔らかくもなってるから陣痛も強くなればすぐ広がってくるでしょうとの事。
陣痛間隔が間延びしているため、経口の陣痛促進剤を飲んでも良いし、
そのまま陣痛が来るのを待っても良いですよ。と言われ、それまで一睡もしていないことや
このまま間延びしたままの陣痛では先が見えなく体力がもつか不安だったので促進剤を飲むことに。
この経口促進剤は1時間ごとに1錠、最大6錠を3分間隔になるまで飲むというものでした。
ちなみにこの頃夫は睡魔との戦い中(笑)
訳有って、前日もほぼ寝ていなかったのでかなり眠そうな感じでした。

10:35頃 促進剤服用。促進剤を服用した場合、赤ちゃんの様子を
慎重に見ていかなくてはいけないという事でモニターを付けて様子を見ていました。

11:35頃 服用後、間隔は未だ10分間隔。ただ少し経つと痛みは強くなっていきました。
まぁ痛い時に足をバタバタ動かしたくなる位には。10分間隔の割に痛いなぁっていう感想。
夫も陣痛の合間はウトウトしてましたが、私が「来たっ!」っていうと頑張って腰を擦ってくれました。
しかしここで赤ちゃんの心拍が少し弱まっている時があるとの事で次の1錠は飲まず様子を見ることに。


11:45頃 この頃から間隔が急に5分間隔に短くなる。痛みの程度は変わらない位。

12:15頃 定期的にではないがかなり頻繁に陣痛が来るようになる。多分2~5分間隔。

12:30頃 急にいきみたい感じが出てくる。
いよいよ分娩室へ移動!!


出産の記録〈次女の場合〉_3へ続く


出産の記録〈次女の場合〉_1 [出産]

次女を出産してから2週間とすこし経ちました。
生活はまだバタバタしていますが、二人育児も楽しいなぁと感じています。
さて、この辺りで出産を振り返りついでに記録を残したいと思います。

〈10/7 日曜日〉
この日は3連休の中日。始発の新幹線で夫が遊びに来てくれる事になっていました。
そんな中。
6:00頃 お腹の痛みで目が覚める。しかし何となく本陣痛っぽくない感じ。
間隔は最初10分。その後9:00頃には5~12分の不定期に。
その日は痛みが来たり、張りだけだったり。結果前駆陣痛でした。

〈10/8 月曜日(祝)〉
0:00頃 不定期なお腹の痛みが始まる。少しずつ痛みは強くなる。

2:00~3:00頃 痛みの間隔が10分間隔になり、
痛みはそこまで強くはないけれど経産婦という事もあり病院に電話。
入院準備を持って夫と共に病院へ!

3:30頃 病院到着。内診をすると子宮口は4cm開いているとの事で入院。
この時点で陣痛の間隔は8分位に。
ここから9:00頃までずっと8~10分間隔。痛みも増さず。
しかし、腰に響くような痛みだったので夫に腰をゴリゴリとさすって貰う。

9:00頃 痛みの間隔が20分以上空くこともあり、一旦遠のいてしまった様子。
その為、陣痛室前の廊下を助産師さんと散歩したりスクワットしたり。
それでも全然陣痛が付かず。助産師さんと談笑したりとかなり余裕。

9:30頃 助産師さんの薦めで足湯と腰のアロママッサージを受ける。
その間ほとんど陣痛来ず。ただマッサージはかなり気持ちよかったです(^^)
すると足湯とマッサージの少し後から10分間隔の陣痛が復活!!


出産の記録〈次女の場合〉_2へ続く

10/13 退院しました [出産]

先週の土曜日10月13日に、無事に次女と共に退院してきました。
入院中は毎日私の母とお見舞いに来てくれるちぃとの別れが予想以上に寂しかったので
これでやっとまた毎日を一緒に過ごせるんだと嬉しい気持ちで退院しました。
しかし、ちぃの方はというと毎日ニコニコ手を振ってアッサリ帰っていくという
ドライな一面を見せてくれました。まぁ何となく状況を分かって我慢してくれてたのかもしれませんが…
そう考えると別れた後、より一層ちぃ恋しさが増して涙が出そうになった事もありました。
面会時間の終了近くになると、病棟の廊下から「ママー!!」という泣き叫び声が聞こえると
自分の事じゃないのに切ない気持ちになったり…

入院中の生活は、母乳の出が安定するまでは極力3時間おきに授乳室へ行き
授乳するというのがあったので中々忙しくありました。
ちなみに私は産後3日程で母乳の分泌が良くなり出しました。
ちぃの時より2日程早く軌道に乗ったと言うことになります。有り難い(^^)

そうそう、今回ちょうど助産学校の研修中だったらしく
1人の生徒さんが入院中のケアをしてくださいました。
研修と言うことで普段よりも手厚く見て下さったのでちょっと嬉しかったです。
年も近いせいか、色々相談しやすかったってのもあります。良い助産師さんになってください。

退院の日は夫が駆けつけてくれ、私の両親もちぃを連れてきてくれ、大所帯での退院になりました(笑)
早く退院したかったとはいえ、もうここには戻って来ることはないのかもなと思うと少し寂しくもありました。

そしてこの日、ずっと決めかねていた名前を決定しました。
夫との協議の結果「かおる」と名付けました。
決定するまでは悩みましたが、決めてしまって後はこの名前で良かったと思えます。
これからちぃとかおる、二人のお母さんを頑張ってやっていきたいと思います(^-^)/



待ちに待ちました [出産]

出産予定日から一週間が経った今日、無事次女を出産しました(^-^)
39週の健診で推定3400グラムと言われていたので、
さぞビックな赤ん坊が産まれてくるだろうと思っていたのですが
蓋を開けてみたら、2838グラムのちぃより小さな女の子が産まれてきました!

詳しくは後日アップする予定ですが、
夫がこちらに来てくれていたタイミングで産まれてきてくれるなど中々親孝行な赤ん坊です(笑)

取り急ぎご報告まで。


出産の記録_3 [出産]

<4/1(金曜)>

12:00頃 分娩室に移動。
そしてここからがとーっても辛かった・・・。
痛みを逃がす為、ベッドの形になった分娩台の上に横向きになる。
頭の方に夫、背中側に助産師さんが付いていてくれる。
分娩室に入ってもう何度目かの陣痛の時に、ソレはやってきた!
いわゆる「いきみ」ってヤツだと思う。
たまごクラブには「いきみたい感じがします」と書いてあったが、
「感じがします」じゃない!!
身体が勝手にお腹に力を入れて、赤ちゃんを外に押し出そうとしている…
思わず自分の体に向かって「ダメー!!」と絶叫してしまう。
初めは一度の陣痛に一回のこの感じだったけれど、時間が経つごとに増えていく…
でも子宮口が開かないのでまだいきんじゃダメ。
もうこの頃は痛みよりいきみが辛い。
このいきみ感を逃がせなかったら、
赤ちゃんが苦しい・産道も傷つくと思うと次の陣痛が来るのが怖い。
助産師さんは「こんな風に赤ちゃんが押し出されるようにして子宮口が開いてくるからね」
と励ましてくれ、夫も呼吸を導いてくれていた。

と、付いてくれた助産師さんが少し席をはずしたその時
心細さもあってか今までで一番強いいきみ感が襲ってきた。
この頃は冷静さとかは殆ど残っていなくて、半分獣と化していたなぁ・・・。
分娩室の外にいた助産師さん達もただ事じゃなさそうと思ったのか(苦笑)、
それともさっきまで付いてくれていた助産師さんが呼びに行ってくれていたのか、
2人の医師と3人の助産師さんがサッと分娩室に入って来て医師による内診が素早く行われた。
その結果ようやく、子宮口全開!!!
このときの安堵感たらなかった。

13:10頃 ついに分娩へ。
助産師さんが「分娩体勢取るからね~、もう少し待ってね」と、
びっくりするくらい素早く足に付けるカバーやら諸々の準備をして下さる。
破水がまだだったので、破膜。
もう赤ちゃんの頭が親指の大きさ位見えているらしい。
それからいきむ方法について説明があり、最初の陣痛で1度目のいきみ。
息が切れた所で一旦休憩かと思いきや、サッと息を吸っていきみを続けていいとの事。
2度目は助産師さんに「上手上手。もうホントすぐだよ」と励まされ長くいきむと、
本当にもうすぐそこまで赤ちゃんの頭が来ていたようで
「次で赤ちゃん出るからね。もう良いよって言ったら
手を胸に当ててハッハッハッっていう呼吸をしてね。」との事。
多分2度目と3度目のいきみの間に会陰切開があったのだろうけど殆ど感覚はなし。
それから3度目、おもいっきりいきむと
「もう良いよ~。手離してハッハッハッ」と助産師さんのお言葉。
少しして生暖かいのもがニュルッと出る感じがして、無事ちぃが誕生したのでした☆

13:21 ちぃ誕生。
肺に入った羊水が吸引され、私のお腹の上に。感動で涙は止まらず。
少し落ち着いた所で、夫がへその緒をカット。
その後ちぃが体をキレイにしたり、体重その他を計ったり、
検査されている間に私の後産と傷の後処置。
ちょっと痛んだ様な気もするけど、陣痛が強烈すぎてあんまり印象に残ってない。
ちなみに夫は写真やムービーを撮りまくっていました。
ちぃと私の処置等が済んだ後、再びベッドの形に戻された分娩台の上に
ちぃが戻ってきました。そのまま約2時間休憩し病室へ。
この2時間の事は、何だか興奮していたせいかあんまり覚えてないんだな。


と、私の出産は以上こんな感じでした。
記録なので、ちょっと生々しい所もあったかもしれません。
もう出産から2週間以上経ちましたが、もう陣痛の痛みは忘れつつあります。
全く女といいうものは良く出来てますね(^^;)


にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

出産の記録_2 [出産]

<4/1(金曜)>

0:30頃 母の運転で産院に到着。
入り口から産婦人科病棟まで、痛みで何度も立ち止まりながら向かう。
病棟に到着してすぐ助産師さんによって内診。赤ちゃんの降りが良いとの事。子宮口は3cm開大。
「上手くいけば、午前中には産まれるかもね」と言われる。
その後すぐNSTを付け赤ちゃんの様子を見ると、所々心拍が下がっているので
陣痛が来た時にはちゃんと息を吐くようにと言われる。
そのまま入院。母には一度帰ってもらい、始発で来る夫を迎えに行ってくれるようにお願いしておく。
病室が満床で、そのまますぐ陣痛室に通される。
2人部屋の陣痛室には、先にもう一人妊婦さんが入っていた。
入院後だんだん痛みは増すが、間隔は8分の時もあれば5分の時もありやや不定期。
陣痛の合間にウトウトしていたこともあり、正確な時間は計れなかった。

3:00頃 助産師さんにより、赤ちゃんの心音確認。
赤ちゃんはかなり下がっている感じとの事。
確かに痛みがかなり強くなってきた。
シムスの体勢では上手く痛みが逃がせずベッドの上であぐらをかいてやり過ごす。
その後すぐ痛みが腰にも移る。陣痛が来る度にこぶしで腰を強く擦らないと耐えられない。
お隣の妊婦さんに旦那さんが付き添っているのが羨ましくてたまらない。
「夫よ、早く来て~!!!」と何度も思った。

5:00頃 NSTモニターを付ける。陣痛がきつくて座ったまま付ける。
そのせいかお腹の張りを上手く捕らえられなかったよう・・・
助産師さんにより痛みの間隔を聞かれるが、痛みの間隔を測る余裕が全く無い・・・
その通り伝えると「痛がり方を見ると3分位だね~」と。
痛がり方で分かるなんて助産師さんてスゴイのね。

8:30過ぎ頃 ようやく夫が到着。気持ちはホッとする。が、痛みは増す一方。
夫には陣痛が来る度に腰を擦ってもらう。痛みの感じ方はもちろん変わらないけれど、心強い。

9:00頃 分娩に備えて、点滴用のラインを確保するという事で
左手首の辺りに管が通される。また分娩用の衛生服を貰う。

9:30頃 医師による内診。赤ちゃんの降りはかなり良く、
子宮口もベロベロ(この表現ってスゴイですよね・・・)になってきているとの事。
陣痛が来ている時でないと開きが計れないので、痛みが来ている時に計るよ~という事で
痛みに耐えながら内診を受ける。開きは5cm。
医師はニコニコしながら「この感じだと昼位には産まれるよ~!
子宮口がまだそんなに開いてないから開きやすくするように点滴だけさせて貰うね」と。

この子宮口の開き具合が、後の私を苦しめる事をこの時の私はまだ知らなかった・・・。

11:30頃 何となくいきみ感が出てくる。あまりの痛がり方に助産師さんが内診。
赤ちゃんの頭がかなり近い所まで来ているが子宮口がまだ7cm・・・
ただいきみ感があるのと、私の痛がり方に
「もう分娩室行っちゃいましょう。ちょっと準備してくるので待ってて下さい。」と言ってくれる。
ほんの数メートル先の陣痛室に戻る途中、何度も陣痛が来るが
夫と助産師さんに支えられ呼吸で痛みを逃がしていると助産師さんに
「冷静ですね。話が通じるから安心だわ」って褒められる(ちょっと自慢^^;)

12:00頃 ついに分娩室に移動!!


出産の記録_3に続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村
タグ:出産

出産の記録_1 [出産]

私にとって、とっても長くて短かった出産についての記録。
自分にとっての覚え書き的な要素のある記事です。

<3/31(木曜)>
前駆陣痛!?の記事とも被る所がありますが…

4:30頃 何となくお腹が痛んだ様な気がして目が覚める。
もしや!?と思って、痛みの間隔を計り始めると約10分おきに来ている。
ただ痛みがかなり軽いので2時間程様子をみようとベッドに横になったままでいる。

6:30頃 依然として軽い痛みが10分おきに来る。
お腹が減ったため朝食を取ると、間隔が少しずつ空いてくる。
前駆陣痛の可能性が高い気がして、まだしばらく様子を見る。

9:00頃 痛みが30分空いたり、10分で来たり。
陣痛を促す為に近場を15分程ウォーキングするが痛みの程度は変わらず。

12:00頃 ソファでウトウトしていると、いきなり強めのお腹の痛みが。
ただその痛みも数回で消え、その後は弱く不定期な痛みが続く。
家の階段を何度も上り下りしたりスクワットしたりして陣痛を促す。

17:00頃 ようやく痛みの感覚が10分おきで整ってくる。
朝の事もあるので、とりあえず2時間様子を見てみる。

19:30頃 10分感覚の痛みが続くので、初めて産院に電話。
「とりあえず様子を見て、痛みの間隔が狭くなる様だったらもう一度連絡を下さい。
食事やお風呂に入って下さいね」と言われたのでその通りに。
入浴後、痛みの間隔が7~8分になる。
この頃から本陣痛が始まったんじゃないかと思う。
ただ痛みは増さなかったので、しばらく様子を見る。

22:30頃 未だ7~8分間隔の軽い痛み。とりあえず再度産院に連絡。
間隔は狭まったが痛みが増さない事を伝えると、
「このまま痛みが遠のく事もあるので、もう少し家で様子を見てみて下さい。
痛みが強くなるようだったらまた連絡下さい」と言われる。 
このまま陣痛が進むとゆっくり休めなくなると思い、ベッドで横になりつつ痛みの様子を見る事にする。

<4/1(金曜)>
0:10頃 横になってから痛みが増してくる。
元々酷い生理痛持ちだったけれど、それより痛い位になってきたので産院に連絡。
いよいよ産院へ!!


出産の記録_2へ続く

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症で妊娠へ
にほんブログ村

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。